​おく玉屋町 町家

Oku Tamaya-cho Machiya

ORIGINAL

Show More

石畳の路地奥に寄り添い灯る 双子の町家の「おく玉屋町」

江戸時代初期の石畳が敷かれる路地奥には隣り合う双子の町家。旅人を迎える行灯の灯り、坪庭までつづくリビング、天井を支える美しい梁、格子から漏れ出る光が石畳に美しいアートを描きます。
烏丸五条の賑わいを離れ、まちの暮らしが寄り添い灯る路地奥の町家「おく玉屋町」です。

設備のご紹介

1階は古き町家のたたずまいを残す吹き抜けの玄関、ゆったりとした檜風呂は、旅の疲れを癒します。通りと庭とをつなぐ長い板間のリビングは風と光が通り抜け、庭を眺めながらゆっくりとくつろいでいただけます。
2階は虫籠窓を残す和室と、屋根を支える梁が見える和室。2室ともに落ち着いた雰囲気を醸しています。

ご利用案内

定員

間取り

設備・アメニティ

2~4名様

約95平方メートル、2階建て

  • インターネットアクセス(無線LAN)

  • エアコン

  • 床暖房(1F板間)

  • 檜風呂

  • シャワートイレ

  • ボディソープ

  • シャンプー

  • コンディショナー

  • タオル

  • 歯ブラシ

  • リネン

  • ヘアドライヤー

  • 洗濯機

  • コーヒーメーカー

  • コーヒー豆・お茶

  • 電子レンジ

  • 電気ポット

  • 冷蔵庫

  • 飲料水(ペットボトル)

  • 食器・カトラリー類

  • 羽毛布団

※ 以下のものは、ご面倒をおかけしますがご持参くださいますようお願い申し上げます。

  • 浴衣などの寝間着

​アクセス

住所

アクセス

京都市下京区不明門通五条上ル

阪急「河原町」駅より徒歩20分
地下鉄「五条」駅1番出口より徒歩1分

周辺のご案内

京都駅から徒歩15分、何処へ行くにも便利な烏丸五条エリア。長期滞在の我が家として、また京都駅にお立寄りの際、少しでも京都を楽しみたい方の我が家としてご利用いただけます。
不明門(あけず)通の最北、どんつきには通り名の由来となった平等寺(因幡薬師堂)。現在は門を開け、自由に参拝でき夜には提燈の灯りがやさしくまちを照らします。界隈には佛光寺(境内の散策は自由です)、町家を活かしたショップやレストランが点在しております。町家から京の繁華街、四条河原町まで徒歩20分そぞろ歩きも楽しいエリアです。

​ギャラリー

Show More
 
 

2020  (C) Iori Machiya Stay. 

All Rights Reserved